浜松シルバーバーチ読書会

さて、死後のことで、ぜひとも知っておいていただきたいのは、肉体を捨ててこちらの世界 ― 生命の別の側面、いわゆる霊の世界へ来てみると、初めのうちは戸惑いを感じます。思いも寄らないことばかりだからです。そこで、しばらくは地上世界のことに心が引き戻されます。愛情も、意識も、記憶も、連想も、すべてが地上生活とつながっているからです。そこで、懐かしい場所をうろつきますが、何に触っても感触がなく、誰に話しかけても ― 我が家でも会社でも事務所でも ― みんな知らん顔をしているので、一体どうなったのだろうと困惑します。自分が“死んだ”ことに気づかないからです。しかし、いつまでもその状態が続くわけではありません。やがて霊的感覚が芽生えるにつれて、実在への自覚が目覚めてまいります。                 

<シルバーバーチの霊訓 『地上人類への最高の福音』>より 

シルバーバーチの霊訓

❏「シルバーバーチの霊訓」を学ぶための読書会

『シルバーバーチの霊訓』は、“地球人類救済計画”を指揮しているイエスの思想・教えそのものです。イエスの教えは、「霊主肉従」と「利他愛の実践」です。それは霊的存在である人間が物質世界にあっても、肉体や物質的な富にとらわれず霊的なことを優先し、同時に利他愛の実践をすることで霊的成長へと導くものです。人類が霊的真理を道しるべに魂を成長させることが、神が人間に与えようとする本当の救い(本当の幸福)です。読書会は、『シルバーバーチの霊訓』の深い理解と実践を通して、互いに魂を成長させるためにあります。そして真理を求めている人々に、イエスの教えを伝えていくことを目的としています。ともに集い、霊界からのエネルギーに触れ、真理を基に価値ある地上人生を歩んでいきましょう!