読書会の学習内容と感想

シルバーバーチの霊訓

❏ 読書会の学習内容と感想

3月の学習内容

スピリチュアリズムの思想体系Ⅱ「摂理としての神」
「人間の霊的成長に関するさまざまな摂理」

人間の宿命というと誰でもすぐに思い浮かぶのが「死」ですが、人間には死よりもっと重要で次元の高い「宿命」が与えられています。それが「霊的成長」です。それは、地上人生、霊界人生を通して最も重要な「人間の宿命」です。神は人間が永遠に霊性進化の道を歩んでいくよう「摂理」として定めたのです。今月のテーマは、私たちが目的を達成するための重要な真理になります。

<人間の霊的成長に関するさまざまな摂理>

霊的成長に関して大枠となるのは「永遠の霊的成長の摂理」です。一言で言うと「人間は永遠に進化し神に近づいていく」。大枠の摂理の内側に「霊優位の法則」「利他性の法則」「自由意志の法則」「因果の法則」「償いの法則」「自己責任の法則」「代価の法則」「両極性の法則」があります。これらが関わり合って働き、人間の「霊的成長」が達成されるようになっています。

① 永遠の霊的成長の摂理( 法則 ) … 成長に関する基本的、総括的法則

摂理違反の行為には、自然と苦しみの道が展開して行くようになります。「成長なんかしたくない」「神なんか信じない」「自分の好きなように生きたい」と言ったとしても、人間は「摂理」によって必ず霊的成長のレールに戻されるようになっています。すべての人間が「永遠の霊的成長の摂理」によって支配され、その大枠から出ることはできないのです。永遠の霊的成長は、神が人間に与えた「最大の宿命」です。

ここからは、大枠の摂理の内側にある一つ一つの「摂理」について見ていきましょう。

② 霊優位( 霊主肉従 )の法則

人間は本来神の分霊を与えられた「霊的存在者」ですが、地上では「霊」は、物質でできた肉体で覆われています。地上人生で私たちは、「霊主肉従」と「肉主霊従」の間を行ったり来たりしながら生活しています。肉体を持った地上人は意識しなければすぐ「肉主霊従」、つまり肉体中心、物質中心に陥ってしまいます。「霊優位の法則」は肉体を持った地上人だけに適用されるものです。霊界人には当てはまりません。

③ 利他性( 利他愛 )の法則

④ 自由意志の法則

神は自分の子供をロボットとして造ったのではないということです。神は人間に自らの意志と努力によって自分を創造し、霊的成長をして幸せになってほしいと願われたのです。神は愛から人間に選択の自由を与えたのです。

⑤ 因果の法則 …「原因と結果の法則」「カルマの法則」「罪と罰の法則」とも言う

霊的成長に関する「因果の法則」は、死後の世界をまたいで適用されます。地上でつくった罪が原因で、霊界で後悔や苦しみを味わうことになります。また前世の罪が再生人生で、不幸や苦しみとしてもたらされることもあります。大半の人は目に見えない「摂理」が自分に働いていることを知りませんから、こうした事実を認識できません。また大半の人が、人生は地上限りだと思っていますから、悪いことをしてもそれで終わりだと考えます。しかし摂理の働きはそうではないのです。

⑥ 償いの法則( カルマ清算の法則 )


神の摂理が「因果の法則」で終わりなら不幸や苦しみがずっと続き、人間は救われないことになってしまいます。神は人間がたとえ悪い結果を招いたとしても、再び霊的成長の道に戻れるような仕組みも造ってくださいました。シルバーバーチは、苦しみを「霊的成長のためによいものであり、ありがたいもの」と言っています。この「苦の哲学」はシルバーバーチの思想の特徴です。苦しみに対して地上人と180度反対の見方をしています。人生を「霊的成長」という広い視野から見る高級霊ならではの言葉です。地上人は苦しみを取り除いてもらうために、神にすがり信仰してきました。しかし「苦しみ」があるからこそカルマが清算でき、もう一度正しい道に戻ることができるのです。「苦しみの甘受」は、「霊主肉従」「利他愛の実践」と合わせて、霊的成長のための重要な実践項目です。

⑦自己責任の法則

大半の宗教が神様にすがって、罪を取り除いてもらおうとしてきました。しかし法則としてそれはできないようになっているのです。「自己責任の法則」は別の言葉で言うと「自力救済」の法則です。SPリズムの信仰は「自力救済主義」です。
自分でつくったカルマは自分の責任で償い、救いを得ていくのです。すべての人間が「自己責任の法則」の支配を受けているからこそ、人間は平等の扱いを受けていると言えるのです。

⑧ 代価の法則( 自己犠牲の法則 )

「自己犠牲」とは、自分の利益を後回しにして人々の幸せを優先して求めていくことです。
「死ねばすべてがなくなる」と思っている人たちにとって、自己犠牲など一番損をする生き方です。が、自分の大切なものを利他愛のために犠牲にすればするほど、よりよい実 ( 霊的成長 )を結ぶのです。「霊的成長」は、霊界に持っていける唯一、最高の宝です。

⑨ 両極性の法則( 相対性の法則・対照性の法則・光と陰の法則 )

苦しみの体験にも「間接的に霊的成長を促す」という深い意味があったのです。魂が純化され鍛えられ、光のありがたさが身にしみて分るようになるのです。地上では正しい道だけを歩み続けられる人はいません。誰もが失敗を繰り返し、光と陰の間を行ったり来たりしながら、成長して行くのです。

❒ 3月 読書会の感想

これまで人間関係がうまくいかないことについて、一方的に相手を攻撃していたけれど、苦しみはよいこと、成長のためにあることが分かれば、感謝して通らなければいけないと思います。また、自分自身も我慢することも身につけなければいけないと思いました。

摂理について具体的にどう生きればよいか学びました。霊主肉従、利他愛について日ごろから意識して生活して行こうと思いました。シルバーバーチの言葉の中で「しかし人間は地上にいてもこちらへ来てからでも、常に借金を重ねております」ということが気になっていました。地上はともかく、肉体がなくても…とはどういうことだろうと思っていましたが、今回納得できました。

霊的成長するための基盤となる摂理を理解することは、伝道や奉仕を実践する上での指針となり、力強い支えになります。

因果の法則により霊的成長ができるという仕組みは、すべての人に平等であり、清らかなものだと感じました。しかし、3・11の震災という苦しみを自分が体験し、成長しなければならないとしたら、逃げ出してしまうのではないか?乗り越えるのにジタバタしてしまうのではないかと思います。震災を乗り越え成長された人々のことを思うと、心から応援したいと思います。今、小さな苦しみの毎日で済んでいることは、その分、利他愛に目を向けられる余裕があるとも言えます。日々の仕事を通して、利他愛の実践ができたかどうか、振り返りながら過ごそうと思います。

いままでの自分の人生を振り返ると、さまざまな困難や苦しみがたくさんありました。 人生は苦しいことばかりで、幸せな思いはほんの一瞬であり、早く人生が終わればいいと思った事も何度もありました。苦しみや困難の意味がわかって、今は随分と生きるのが楽になりました。まだシルバーバーチの霊訓に出会って少ししか経っていません。 これからもっともっと色々な意味で楽になるかな?と思うと、本当にありがたいと思います。

Top ⇧