読書会の学習内容と感想

シルバーバーチの霊訓

❏ 読書会の学習内容と感想

6月の学習内容

スピリチュアリズムの思想体系Ⅱ 「 霊的世界観 」霊界の本質について

今回から数回にわたり「 霊的世界観 」(死後世界観)について学んでいきます。「 霊的世界観 」を3つの観点から見ていくことで、重要なポイントを理解できるようになります。

3つの観点とは①霊界の本質 …… 人間にとって霊界が存在することの意味
②霊界の実態 …… 霊界の実際の様子。霊界とはどんな世界?地上世界とどう違うのか?
③地上人と霊的世界の関係 …… 私たち人間は霊界とどのような関係にあるのか?
今月は ① の“ 霊界の本質 ”について取り上げます。

< 霊界の本質 3つのポイント >

① 霊界は人間にとって、本来の生活場所( メインの生活場所 )永遠の住処
“死後の世界”を信じている人でも、霊界は地上を去ってからのサブ的世界だと考えています。意識の中心はどこまでも地上世界にありますが、シルバーバーチは従来のそうした常識を根底から覆し「霊界こそが人間にとってメインの世界である」と言っています。これは、スピリチュアリズムの歴史の中でも、シルバーバーチが人類に初めて明らかにした真理です。
では 今私たちが生きているこの地上世界は何なのか?シルバーバーチは地上世界 ( 地上人生 ) を、霊界生活のための準備の場所 ( 準備期間 ) にすぎないと位置付けています。
地上人生は霊界での永遠の生活に比べれば短期間であり、地上は人間にとって一時的な仮の住処です。ですから地上で辛く苦しい人生を送ったとしても、それは決して無駄にはなりません。体験のすべてが霊界生活の大切な準備であり、意味のあることです。
また「霊界こそが人間にとってメインの世界である」という事実は、地上人の「死」の考え方を180度変えることになります。つまり「死」は悲劇ではなく、新しい世界(霊界)への誕生の時です。霊的存在者である人間が霊の世界、故郷に帰るようなものです。

② 人間は霊界と地上世界の両方の世界にわたって存在している
地上人の感覚としては「この世にいる」と思っていますが、私たちは同時に霊界にも存在しています。人間は5つの構成要素から成り立っています。それは「肉体」・「本能」・「霊体」・「霊の心」・「霊」です。人間の「霊」は「神の分霊」です。人間は「神」「霊界」「地上世界」と共通の要素を持っています。人間の「分霊」は、神の世界と共通の神的要素です。「霊体」と「霊の心」は霊界と同じ霊的要素です。そして「肉体」と「本能」は、地上世界と同じ「物質的要素」です。「霊の心」と「霊体」は霊界に属し、「本能」と「肉体」は地上世界に属しています。したがって、人間は地上に居ながらにして霊界に所属していることになります。人間はこの世に居ながらにして、両方の世界にわたって存在しているのです。死後霊界に所属するのではありません。

③ 地上人は死後全員霊界に行って、新しい生活を始めるようになる
「霊的世界」とは「死後の世界」のことです。人間は死後、キリスト教で言われているような天国か地獄の、どちらかに行くのではありません。霊界では他界した家族や知人と再会することができます。他界した皆さんのご家族や知り合いの方は、霊界で生きています。霊界では身体の不自由さは一切なくなり元気に生活しています。もう肉体はすでにありませんから・・・ですから「死」は “ 永遠の別れ ” ではありません。
死後霊界に入ると霊的視野が一気に開け、自分の地上人生の意味がはっきりと分かるようになります。苦しみや困難こそ自分を霊的に成長させてくれたことがはっきりとわかるようになります。「霊界こそが人間にとってメインの世界である」という事実が分かれば、地上の苦しみや困難を一時のものとして位置づけることができます。苦難を受け止め真理に沿って正しく対処していけば、その体験が霊界では大きな喜びに変わるのです。霊界に行ってから後悔しないような生き方をしていかなければなりません。
「霊界の本質」は、私たちが「霊界」について尋ねられたとき、最初に伝えるべき内容です。「霊界の真実」を正しく伝えることは、人々に大きな安心と希望をもたらします。それは最高の利他愛の実践になります。

次回は霊界の実態 ( 実際の様子 ) について見ていきます。

❒ 6月 読書会の感想

今日は人間にとって霊界が存在することの本質的意味について学びました。知人が自分が学んでいるというある教えをメールで伝えてきました。それはこの地上世界のことだけで、それに対する自分の感想は「内容がない!その先は?」でした。その先の内容こそ、今日学んだ霊界についてでした!!私たちは霊界へ戻ってからの進化に備えて地上生活での体験を積んでいます。今やるべき事を注意深く観察して、地上生活を送ろうと思いました。

霊界について学ぶことにより、いっそう現在 ( 地上世界 ) をよりよく生きていくことに努力しなければと思いました。不安のない将来 ( 死 ) のことを思えば、明るい未来 ( 霊界での生活 ) のために、今を真剣に生きることが何より大切なことだと感じます。

今まで私は今の地上生活があって、霊界は死んでから訪れる世界だと思っていました。「霊界は人間にとってメインの生活場所」という真理を学び、少し驚いています。だったらこの地上生活の中での苦労や悲しみなど、少しは耐えていけそうな思いがしました。また、人間は地上世界と霊界の両方の世界にわたって存在しているという真理は、今日初めて知りました。自分が今まで生きてきた人生の中で、自分がしてきたことで隠してきたことは、すべて霊界の人達に知られていたのだと思うと恥ずかしくなります。これからは心の中も行いも、すべて見られていると思って生きていきたいと思います。

Top ⇧