読書会の学習内容と感想

シルバーバーチの霊訓

❏ 読書会の学習内容と感想

11月の学習内容

スピリチュアリズムの思想体系2 「摂理としての神」― その1

シルバーバーチによって、人類は初めて「真実の神の姿」を知ることができました。それは「創造主」「大霊」「愛」「摂理・法則」「究極の理想・目標」として示されています。シルバーバーチは、5つの内容を合わせて1つにしたものを「真実の神の姿」として明らかにしています。4つめの「摂理・法則としての神」は、シルバーバーチの神観の最大の特徴です。SPリズムの思想の中でも極めて重要です。それは今後、地球上の宗教を根本から変えていく革命的な内容を持っているからです。「摂理の神」が理解できれば、人類は本当の信仰を持つことができるようになるのです。
今月は「摂理としての神」の重要ポイントと、「神と人間の関係の大原則」について学びました。「摂理としての神」は11月・12月・来年2月と3回にわたって学んでいきます。

スピリチュアリズムの思想体系2「摂理としての神」― その1

初めにシルバーバーチの言葉を確認しましょう。

「私たちは、大霊(神)とは何かを明らかにしようとしていますが、それは摂理を通して大霊を明らかにすることにほかなりません。私たちは、大霊の摂理をお教えしようとしているのです。」  教えの上 P105 4~6

〈 「摂理・法則としての神」の重要ポイント 〉

①神は摂理を造り、摂理を通して被造世界と被造物を支配している
 霊界・宇宙 万物と全生命体 ( 人間 ) は、神の摂理によって造られ存在を維持

②摂理は不変であり、永遠に存在し続け変わらない
 摂理は一切の例外なく、機械的に全てを支配

神が造った摂理・法則は訂正されることはありません。新たに付け加えられることもありません。 
永遠に存在しすべてのものを機械的に支配し続けます。機械的と言うことは人間の感情の入り込む余地はないということです。自然現象も、一人ひとりの人間に起こってくることも、すべて摂理通りの結果であるということです。

摂理としての神

③永遠の霊的真理とは、神の摂理のこと
 それ以外に真理はない

④摂理の完璧性は、神の完全性と全知全能性の反映
 人間は摂理を通して、神の完全性と全知全能性を知ることができる

摂理の完全性は、それを造った神の内に完璧な叡智があることを意味しています。神が全知全能であった為に、摂理が完璧なものになったのです。摂理の完璧性は神の知の反映です。人間は四季の移ろいが、神の摂理によって営なまれていると感じた時、人智を超えた知性の存在、神を実感します。それは摂理を通して、神の姿の一端を垣間見たことになります。
人間の肉体にはみごとなシステムが備わっていて、私たちの意識しないところで常に働き続けています。臓器どうしが密接にメッセージを送り合って、カラダが正常に働くように助け合っているのです。人間の身体だけでなく、天体の運行から自然界の営みすべてが調和を持って存在を維持し続けているのです。それは神の全知全能性の反映と言えます。摂理の完璧性を見た者は、神の完全性を見たことになります。「摂理を見た」それは「神を見た」ということです。

摂理としての神

〈 神と人間の関係の大原則 〉― 摂理としての神のエッセンス

①神と人間は、摂理を介した間接的な関係である
 これまでの信仰者が信じてきたような神の直接的な関与はない

従来の宗教では、信仰者は神と直接関係を持てると信じてきました。これまで人間は神にすがって、直接救いを求めてきたのです。真剣に祈れば全知全能の神が直接願いを聞き入れてくれて、奇跡を起こし救ってくれると思ってきました。「神の人間への直接支配」が従来の宗教の共通認識だったのです。
しかしシルバーバーチによって神の人間への直接的関与はないことが明らかにされました。シルバーバーチが明らかにした神と人間の関係の大原則は「摂理を介した間接的な関係である」ということです。これは、これまで人類が知ることのできなかった画期的な内容です。真理中の真理です。それは人間は摂理を通してしか、神の前に出て行けないことを意味しています。人間は摂理を通してしか、神と関係を持てないのです。「神と人間は摂理を介した間接的な関係」この大原則が分らなかったことが、これまでの宗教が正しいものになれなかった最大の原因です。信仰と言えば神への祈りです。多くの信仰者が膨大な時間とエネルギーを費やして、神に祈りを捧げてきました。しかしどれだけ真剣に純粋に祈っても、その祈りの内容が摂理にかなっていなければ、人間の願い通りにはならないのです。祈りに対しては、摂理通りの答えが人間に示されるのです。「摂理としての神」は、スピリチュアリズムの霊的真理の核と言えるものです。シルバーバーチは霊訓の中で「摂理としての神」を強調しています。
それは従来の間違った神観を正し、地上人に「真実の神への信仰をして欲しい」という愛の思いからなのです。「摂理の神」への信仰は、人間を霊的成長へと導いてくれるのです。

②摂理の支配を人間サイドから見ると、神は常に摂理として現われる 
 機械的な冷たい摂理の背後には、神の温かい愛が存在

人間は常に摂理によって、神と接点を持つことになります。神を見ようとすると必ず摂理が見えます。人間が期待するような「願いごとをかなえてくれる神」の姿は見えません。人間サイドから見ると「神は常に摂理として現れる」ということです。その摂理は常に機械的正確さで働いています。摂理が人間の願いや思いに影響されることは絶対にありません。「人間の願いに答えてくれない神」は、人間側から見れば常に「冷たい神」「として映ります。これまで多くの信仰者が「これほど真剣に祈っているのに神はなぜ願い事を聞いてくださらないのだろう。無慈悲な神」と嘆き、絶望してきたのです。
しかし神は人間の「霊的親」です。摂理は人間の幸せを一番に願う、「神の愛」から創られました。
摂理は人間が霊的成長をするための仕組みとして神が用意したものです。霊的存在者である  人間の本当の幸せとは、霊的成長によって得られる喜びを持つことです。人間は摂理に従って生きていくことで霊的に成長し、本当の幸せに至るよう初めから神によって創られているのです。冷たく映る摂理の背後には、本当の幸せを子供に与えようとする神の愛が存在しているのです。シルバーバーチは摂理の機械性について「愛は温かさすら伴わず」と表現しています。

③神は被造世界・被造物のすべてを把握している
 摂理の支配を通して、霊界・宇宙・被造物のすべてが神の知るところとなっている
 神の認識から外れ忘れ去られている人間はいない

④「摂理としての神」は「大霊としての神( 遍在する神 )」
 神は摂理を通してすべてを支配。全ての存在物に神が内在。
 「摂理としての神」は「大霊としての神( 遍在する神 )」と表裏一体

※次回12月は、私たち人間を存在させている「神の摂理・法則」について、また神と人間の心  の関係などについて学んでいきます。 

❒ 11月 読書会の感想

霊界のグループの中では意志疎通ができるだろうけど、地上では色々な段階の人がいるから、摂理を守って生きてほしいと思っても難しいと思います。自分にとって悪いことがあっても、感謝して意志を強く持って変えていかなくてはならんと思いますね。何をするにも愛情を持ってしていかなくてはならないと思いました。生きているうちに神を信じ、摂理をよく勉強していけば、人間性がよくなると思います。

90代 男性

「摂理としての神」は、真理の中で最も重要なことだと受け止めました。が、その反面、自分を摂理に添わせた方向に向けることは、最も難しいことだと思います。しかし、私の隅々まで知りつくし、私にとって最もよい生き方に導こうとしている存在に、全幅の信頼を置いて生きていかなければと思いました。

60代 女性

Top ⇧